武州藍染め

藍染め体験・本藍によるジーンズなど服の染め直し ジャパンブルーを楽しむ「藍染め暮らし/aizomekurashi」

武州中島紺屋と職人さん

武州中島紺屋写真

武州中島紺屋さんのこと

「藍染め暮らし」のなかむらが惚れ込み、天然の藍による染め直しや藍染め体験イベントや講習会の実施をお願いしている武州中島紺屋さんについてご紹介します。

「武州中島紺屋」は、天保8年(1837年)伊勢から(現在の埼玉県羽生市に)渡った初代「鶴吉」さんにより創業されました。 当時は主に白木綿を藍で染めて、野良着を作っていたそうです。

江戸時代後期、町民文化が花開いた時代。日本人の衣服は織や柄、染めとともに一段と多彩になります。 この美しいファッションは藍染めの専門職である「紺屋」により展開されたのです。庶民の作業着から、高級な衣装、寝具やのれんなど、あらゆるところに藍が使われていました。

明治8年(1875年)に来日したイギリスの科学者アトキンソンは「日本はあっちもこっちも青いね〜。この国は美しい青の国だ!」(「なかむら」訳)と言い、 その光景を「ジャパンブルー」と表現したと言われています。 これは「武州中島紺屋」二代目の「仁助」さんの時代。商才にもたけ、財を成したそうです。

しかし。
三代目の「藤吉」さんの時代には藍染めが衰退し始めます。 日本もインド藍の輸入を開始。さらに、明治36年(1880年)にはドイツで化学染料が開発され、化学インディゴが誕生しました。 時代の変化とともに、天然の藍による日本の染色産業は急速に衰退。この時代を生きた三代目は、半農半商で苦労し早くに亡くなりました。

三代目が亡くなったのは、四代目の安夫さんが中島紺屋に従事するようになった3年後。 農家の近代化により藍で染めた野良着の需要も減少、機械化により天然の藍染めは衰退の一歩をたどります。 「苦労する父の姿を見て育った」と現在の代表の言葉。大変な時代を守りぬいて今があることを実感します。

昭和50年代。
高度経済成長が終焉をむかえます。 「大量生産・大量消費」の使い捨ての時代から、伝統的な手工芸品が見直される時代になりました。

四代目は昭和59年にサンフランシスコで武州藍染展を開催します。 これを期に米国でも「ジャパンブルー」が見直されるようになり、1997年にはカリフォルニア芸術大学の客員教授として技術指導を行うようになりました。 1987年「埼玉県指定無形文化財藍染技術保持者」の認定を受けています。

1990年代、四代目は古代エジプトのツタンカーメン王の衣装を藍染で復元するという国をまたいだプロジェクトに参加。 調査、研究、試験染めを重ね、インド藍で染めた糸を提供します。
2013年10月〜12月には、スウェーデンの博物館にて所蔵されていたツタンカーメン王の衣装を借り受け、 埼玉県羽生市にある武州中島紺屋「藍染め資料館」にて「ツタンカーメンの衣装展(TUTANKHAMUN’S WARDROBE)」を開催しました。

そして、五代目の時代。

わたしが生きる、まさに、今日。それが「今」の時代。これからをつくるのです。
ちっぽけなわたしが、この歴史ある「武州中島紺屋」さんと出会えたことは奇跡です。 先人たちにより、開かれ守られてきた日本の伝統的な藍染め文化。 この美しさに心が動くのは、日本人のDNAなのでしょうか。「ジャパンブルー」は、日本人のくらしの中に当たり前にあります。学生の制服だって「藍」ですもんね。なぜ? だからこそ、その文化を生み出した天然の藍染めを、これからも残したい。 苦労しながらそれを受け継いできてくださった先輩方に敬意を表し、わたしができることをちゃんとやりたいと思っています。

追伸: 驚いた(‥)。わたしのご先祖さまは「染め屋」だったんだってー。

 

武州中島紺屋5代目新島大吾さん写真

「武州中島紺屋」五代目 新島大吾さんのこと

今、武州中島紺屋を守るのは、五代目の新島大吾さん。1976年埼玉県出身、埼玉県認定伝統工芸士です。 文化服装学園技術専攻科卒業後、藍染めの美しさに魅せられ学院時代に講義で出会った四代目、故・中島安夫先生に師事。2000年に弟子入り。 厳しい修行を重ね、2012年に伝統工芸士を取得されました。「武州中島紺屋」五代目として「武州正藍染」(地域登録商標)を継承しています。
伝統技術の研鑽と同時に、現代の感性にあった製品作りを日々探求され、武州中島紺屋のブランド「武州壺染」を手がけています。

写真は、埼玉懸信用金庫さんの2016年カレンダー「埼玉県の技 100年後にも残したい美しい姿」から、 五代目の写真の部分を抜粋して引用しました。埼玉縣信さん、センス良いです〜♪

運営会社:中邨登美枝事務所 〒338-0002 さいたま市中央区下落合5-10-5 Tel 048-799-2435  Fax 048-799-2436